fbpx

【予告】40代から50代のシャンプー使い慣れすぎていませんか?


髪質改善美容家

宮崎公靖です。

 

 

今使っているシャンプーはもう何年
使っていますか?

 

 

シャンプーにも定義というものが
あるのですがご存知ですか?

 

 

これは理美容教科書にあるシャンプー
の目的ですが、

 

 

「頭皮の清潔とマッサージ効果」
というもの

 

 

頭皮の清潔ってどこを基準にして
いるのでしょうね?

 

 

なんとも抽象的ではありますが・・・
マッサージ効果とうのもいまいち
掴みにくい感じですよね・・・

 

 

毎日洗えば良いとも思われたり
頭皮を叩けば良いと思われたり

 

 

どれが正しくてどれが間違いなのか?
解らない

 

そう思った方に必見な情報です。

 

 

僕が33年間これまで経験している中で
手の指紋のように髪も同じ人はいませ
ん。

 

 

若くてもくせ毛の人から細く薄い人
80代でも剛毛で多くボリュームがある人まで様々というもの

 

 

若さの強みは髪にツヤハリコシが
備わっています。

 

 

ところがいつからかその備わって
いるツヤハリコシが無くなるのです。

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_mのコピー.jpg

 

なくなる主な原因

 

出産した後の髪はくせ毛になりやすく
抜けて薄くなる。

 

生活習慣の乱れ(食事睡眠ストレス)

 

30代から始まる老化

 

使用商品が自分に合わない

 

熱や紫外線

 

持病

 

このようなことが原因で髪の悩み
となるきっかけなんですね。

 

 

特に気をつけたいのが
外からの刺激より
内が多いってことなんです。

 

 

 

これ意外と知られていない情報です。
特に頭皮から体内の内側に問題が
あります。

 

 

 

なので内側に影響を及ぼす
シャンプーの成分は大切になって
きます。

 

 

 

毎日洗った方が良いシャンプーという
はヘアトランスフォームのシャンプー
です。

 

189155655d381b0d0c3cd262dfef4d80_l.JPG

なぜならシャンプーではないから
髪質を改善するためだから、

 

 

その逆に毎日しては髪に負担がかかる
ものというのもあります。

 

 

それは硫酸系のシャンプーです。
10代までのシャンプーとも言います

 

 

硫酸に耐えうる代謝効果が高いのが
若さの特権です。

 

 

シャンプーについての電子書籍を
創っているのでそちらから

 

 

ご参考にしてみて下さいね!