fbpx

【今月最後】髪のダメージとなる原因・・・知らないと大損ですよ!


髪質改善美容家

宮崎公靖です

 

 

髪のダメージって
気になっていますか?

 

 

もし気になっているということで
あればすでにダメージが進んでいる
可能性は高いですよね。

 

 

だけど気になると言う感覚はとても
大切なこと!!

 

 

それは感受性が豊かで
自分に矢印を向ける証拠
素敵なことと思います!

 

 

だけど気になる
一体いつから髪は傷んで

いるか?

 

 


傷んでからではもう遅い
だいぶ理解し始めたかも
いる事でしょう!

 

 

普通の方が髪にダメージが起きることとは

 

 

パーマをかけた時?
カラーをした時?
アイロンをした時?
ブローをしている時?
洗っている時?
ブラッシングしている時?

 

 

とまあ
色々と原因はたくさんあるもの
ですよね。

確かに傷ませる「きっかけ」は
このようにありますが、

 

もう一つ「きっかけ」以外に
あるんです。
ここは意外と気づかないところ

 

 

それは「老化」です。
つまり頭皮の「細胞」なんです。

 

 

髪のダメージといったら
髪に何かをしたからだと思いますよね

 

 

実は身体の内側からも髪へ
ダメージとなり
やすい髪質
つくられているんです。

 

 

体内からダメージ?

そう思われるかもしれませんが
ダメージでは無く

 

すぐにダメージとなりやすい劣化
意味します。

 

年齢や体質。
遺伝や生活習慣。
などが体内からおきる代謝力です。

 

 

と言っても分かり難いですよね?
まとめると

 

 

内側からは老化した髪質
外側からは薬液による酸化

 

 

髪がダメージしているのは
髪が原因と思いがち、

 

 

まさか伸びてきている髪が・・・
ダメージになりやすい髪質つとは・・

 

 

美容師もそう思っているのですから
知る余地もないはず。

 

 

 

なので直接髪に施したところでも
そもそもその髪が劣化した髪であれは
なおさらなこと

 

 

なので髪が造られる前がとっても大事

 

 

その違いをご覧ください

IMG_5399.JPG

6月のビフォーの時の髪は悩みがあり
ました。

 

これまでも色々試されてきたはずです
10月のビフォーから髪に違いが現れ

 

月ビフォーではアフター並みの
ビフォーとなりました。

 

 

仕上げはノンブロー乾かしのみです!
髪は内側から変わる事で、
悩みが解決されやすくなるのです。

 

 

体験したい方はさらに枠をつくり
ました明日締め切りといたいます。
こちらからお申し込みください。

%%%_LINK_9097_%%%